山岳競技少年男子ボルダリング予選通過!

やりました!
予選通過です!
これで8位以内が確定したので、明日は上位入賞を狙うのみです。

今年の国体から種目に加えられたボルダリング競技ですが、高さ3mほどの壁が4面並び、それぞれが形の違った反り返り方をしています。
そこに、それぞれホルダーがポツポツと取り付けられていて、選手たちは5分間の下見時間で設定を覚え、ルートを考え出します。

下見から自分の順番までの間は、別室に隔離され、監督も選手も外の者との接触を断たれます。順番待ちが2時間以上になっても、別室から出ることはできません。

自分たちの順番が来ると、まず2面を6分間の制限時間の中でチーム2名がそれぞれ頂上を目指して攻めます。
その後、6分間のインターバルの後、次の2面を攻めます。

水平・宙吊り状態でもなぜか落ちないで、スルスル登る選手がいて、不思議でたまりませんでした。
本県の中島選手は、4面全てノーミスで頂上のGOALのホルダーを掴みました!
凄かったです!

明日の決勝に期待です!

b0142728_22243057.jpg

[PR]
by fight-nagano | 2008-10-03 22:24 | 国体関連
<< 国体空手組手 陸上成年男子3000 メートル障害 >>