第35回日独スポーツ少年団同時交流事業(受入)


b0142728_17335618.jpg
今日から”第35回日独スポーツ少年団同時交流(受入)”の
長野県での地方プログラム(4泊5日)が始まりました。
新潟県から引継ぎ、北信越ブロックでは最終県となります。

本年度は信濃町での受入です。

本日は、ドイツ団12名が信濃町に来ました。
そして、信濃町役場で受入式が行われました。
・・・・役場前で写真”パチリ”
(写真)
前列左から 通訳の岩間さん、
信濃町の小林教育長、松木町長、
長野県スポーツ少年団の野田副本部長、
信濃町スポーツ少年団の戸田本部長
後列の緑のシャツを着ているのがドイツ団の皆さん12名。

ドイツ団の中には、ものすごい背の高い団員もいて、
かなりビックリしました。
スポーツをしているだけあって、皆さんホッソリ。

リーダーのサブリナさんは、以前「団員」として、
この事業に参加した経験があり、今回はリーダーとしての参加とのこと。
団員としてこの事業に参加したことがきっかけとなり、
その後、日本に3ヶ月程度の留学。
日本語もお話しされていました。

通訳さんもさすがプロ!
私は、初めて、ナマの通訳を聞きました。感激。

よい体験になればいいなぁとおもいます。


かものはし
[PR]
by fight-nagano | 2008-08-06 17:32 | スポーツ少年団
<< 実習受け入れ中 インターハイ 5 サッカー・剣... >>