日独スポーツ少年団同時交流事業長野県派遣団

7/15
今年で41回を数える日独スポーツ少年団交流事業でドイツに派遣される皆さんが体育協会へ挨拶に来ました。

思えばドイツは近代スポーツの黎明期からグーツムーツ氏が「青少年のための体育」を発表したり、ドイツ体操と言えばヤーン氏等、近代体育史の重鎮が青少年のスポーツ実践を体系化したお国柄です。

おりしも、サッカーW杯優勝の興奮冷めやらぬ国に派遣される皆さんは、異次元の体験を宝にして、帰国してから自身のためにも、地域のためにも生かしてほしいと啄木鳥は思います。

大西スポーツ少年団本部長からメンバーの紹介です。
左から
生田団員(松川村スポ少:南安曇農業高校)、小林団員(霧ヶ峰スポ少:諏訪二葉高校)
吉岡団員(松川村スポ少:南安曇農業高校)、西山団員(松川村スポ少:池田工業高校)
b0142728_14402621.jpg

丸山専務から旅行で使うトートバックをプレゼント
b0142728_14481066.jpg

勢ぞろいの記念撮影です
b0142728_1448443.jpg

その後、県教育委員会への報告に
b0142728_14493793.jpg

懇談の緊張の中、夢と希望の微笑みが初々しく
b0142728_14502959.jpg

伊藤教育長からポロシャツのプレゼント
b0142728_14511748.jpg

終始和やかな懇談でした。
b0142728_14515050.jpg

b0142728_14521628.png


人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2014-07-16 14:54 | スポーツ少年団
<< 72冬季国体 長野県開催要請 北信越国体 ボート・カヌー >>