東京国体エピソードⅡ

サッカー
女子サッカー1回戦は日の出町スポーツと文化の森・谷戸沢サッカー場

都心からは電車とバスで2時間の山間

大阪チームは過去2回の国体優勝を誇る強敵

我等が長野チームはパルセイロレディースを中心にチームワークで挑む
b0142728_11455343.jpg

前半0-0 後半1-1という接戦
11番は後半同点ゴールの橋浦選手(渋谷文泉閣)
b0142728_1148468.jpg

シュート数は前半6-7 後半6-3 ゴールKは前後半9-9の激戦
b0142728_11512166.jpg
b0142728_11513054.jpg

延長にのぞむ戦術戦略を確認
b0142728_11521984.jpg

コーナーKから
b0142728_11543716.jpg

攻め寄るも
b0142728_11551516.jpg

延長前半0-0 後半もロスタイム

長野ゴールキーパーが倒れているのに なぜかゲームが進行

どさくさにまぎれて大阪チームがシュート フェアプレイは何処へ

これをなんと国際女子審判である井脇主審が認めて1-2でゲームセット

国際試合なら間違いなく紛争になるケースですよ!!

なんとも後味の悪いゲームになりました。

観客席で長野を応援の地元の方々も「えぇー、やり直しだよね」の声

素人でも理解不能のゲーム進行に?????????? ユリカモメさんも唖然

女子サッカー発展のためにもレフェリング技術の向上とビデオ導入求めます。

b0142728_1214444.png

信州女子サッカーのレベルは確実に上昇、よく戦いました。感謝!!


人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2013-10-23 09:40 | 国体関連
<< 東京国体エピソードⅢ 東京国体エピソードⅠ >>