東京国体展望Ⅱ

◎新体操
インターハイ6位の経験を生かし、全国の頂点を目指す美を演ずる。期待大

◎バスケットボール
成年女子
 機動力あるチームに育った今年は、全国を見据える。初戦の山梨を撃破。

◎レスリング 
少年男子 
 グレコ74kg塩川寛太(北佐久農業高校)全国高校グレコ3位の上を。
 フリー55kg井出光星(上田西高校)ぎふ国体3位の上を。
 フリー96kgマルチネス・タダシ(上田西高校)全国選抜5位以上を。 

成年男子
 グレコ60kg松澤力也(日体大)大学選手権2連覇の実力が国体で花開く。
 フリー96kg雫田真最(専修大)東日本学生新人優勝の力で上位入賞を。

◎セーリング
 各級とも熱心な練習・努力で全国の強豪にチャレンジする。

◎ウェイトリフティング
 少年男子の吉田佑基・長屋隼斗(松商学園高校)の活躍に期待。

◎自転車
 エース横山航太(篠ノ井高校)は海外遠征で予備登録に回るが、総合力で勝負。

◎ソフトテニス
 少年男子 池上陽介・中平貴也ペア(上伊那農業高校)を軸に、
      東條 樹・埋橋 啓(上伊那農業高校)が強豪を撃破。

 成年男子 久々の北信越突破でチームの勢いは大。初戦の広島戦に照準。

◎卓球
 少年男子のエース加藤 薫(松商学園高校)ぎふ国体5位の経験者を軸に上位をねらう。

◎軟式野球
 初戦が候補東京という組合せ。投手陣も安定する中、一発逆転の秘めた闘志で軟式長野の歴史をつくる。

◎相撲
 少年男子は木曽青峰高校と更級農業高校の連合チームで強豪に挑む。
 
 成年男子 花邑 裕(㈱霧しな)木曽の期待を担い、石坂拓矢(近畿大)が学生相撲経験を生かし、昨年の青年大会優勝の横山雄大(横山工業)がポイントをあげる布陣で挑む。
 
◎馬術
 少年 
 山下大貴(東海第三高校)が昨年準優勝の実力に磨きをかけ、北沢加奈(長野吉田高校)も国体三回出場の経験で頂点を目指す。

成年男子
 障害馬術はロンドン五輪の佐藤賢希(明松寺馬事公苑)、新潟国体のチャンプ小林義彦(飯縄高原乗馬倶楽部)は全国の頂点を勝ち取り、馬場馬術の北原 衛(北原装蹄所)が上位をねらう。

成年女子
 佐藤 泰(明松寺馬事公苑)は昨年優勝、増田真七海(上田乗馬倶楽部)は昨年3位、馬場馬術の藤森祐子(あずみの乗馬苑)も入賞経験豊富。それぞれ頂点を目指す。

◎フェンシング
少年男子
 インターハイ準優勝の大槻達哉(伊那北高校)を軸に頂点を目指す。
成年男子
 エペで入賞経験のある河西遼太を中心に強豪に挑む。


b0142728_1310117.png

    




人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2013-09-26 13:13 | 国体関連
<< 国体展望Ⅲ 東京国体展望 >>