「ほっ」と。キャンペーン

有効章受章祝賀会

6/29
長野市内のホテルで「長野吉田バスケットボールクラブ県体協有効章受章祝賀会」が行われました。
b0142728_15324153.jpg

120人ほどのバスケットの戦士たちが集い、受付も大変です。
b0142728_15334826.jpg

小林クラブ会長の挨拶
b0142728_15342824.jpg

県バスケットボール協会の小坂会長も目前の参議院選挙のご多忙の中、駆けつけてくれました。
b0142728_1535756.jpg

体協も祝辞を
b0142728_15353640.jpg

祝電を!!
b0142728_15361668.jpg



「フェアプレイで日本を元気に」のキャンペーンから言葉を拝借。啄木鳥

『バスケットボールは、なぜ楽しいのか
 バスケットボールは、なぜ気持ちいいのか
 バスケットボールは、なぜ感動を呼ぶのか

 ただ勝利することだけが成功であり、喜びであるなら、
 人々は、これほどまでバスケットボールを必要としないはず。
 強くなること、うまくなることだけが、目的であるなら、
 人々はこれほどまでにバスケットボールに打ち込んだりしないはず。

 バスケットボールは一人ではできない。
 いっしょに切磋琢磨する仲間がいる。
 同じ目標に向かってしのぎを削り合う対戦相手がいる。
 そして、審判や応援してくれる人達、
 さらには環境を整えてくれる人達も欠かせない存在だ。

 バスケットボールをする。試合をする。
 そこには自分自身の努力がある。
 チームメイトと築いた信頼がある。
 対戦相手への敬意がある。
 支えてくれる人達への感謝がある。

 これらは人格をつくることにおいて、なくてはならない、とても大切なものだ。
 そして、これらこそが、フェアプレイの真ん中にあるものだと考える。
 バスケットボールが楽しく、感動を呼び、気持ちよく、夢中にさせるのも、
 このフェアプレイの気持ちがあるからこそだ。

 フェアプレイは、子どもや若者を成長させる。
 私たちもフェアプレイで成長する。
 私たちのまわりの人、私たちの地域を活気づける。
 そして、きっと、日本を、長野県を、私たちを元気にする力になれると信じている。』

 
b0142728_15395024.jpg






人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2013-07-02 15:00 | 各種話題
<< ふるさと信州寄附金 体力向上・スポーツ医科学専門委員会 >>