中学校運動部活動

運動部活動のカタチをピラミッド型から連峰型にと考え、

8年ほど前に高体連の「運動部活動の顧問として」に紹介した(3頁参照)。
http://www.ngn-hssp.org/koutairen/files/manual/manual20120404.pdf

今年、滋賀県の中学生の取り組みが紹介され、思わず‥‥いいぞーと声援!!

==============================
■運動親しむコース導入 滋賀・長浜

 滋賀県長浜市の西中学校は、ユニークな取り組みで成果を上げている。

 一つは、競技としてではなく運動に親しむことを目的としたコースを運動部に作った。

男子バレー部は競技力向上を目指す「トップアスリートコース」と、「チャレンジコース」を分けた。保健体育の教諭で顧問の堤正則さん(50)は「ちょっと体を動かしてみるかという程度の生徒も抵抗なく入れる。週末は友達と遊んだり、塾に通ったり自由に使えます」と説明する。

 コースは、自由に入れ替われる。トップは今冬の県大会で準優勝し、近畿大会への出場を決めた。その後、大会前に「生徒会活動を優先したい」とチャレンジに移った生徒もいた。

 文化部も意識的に運動を取り入れた。美術部は昨秋から、絵を描き続ける合間に毎日15分ほどバドミントンをする。部長の筑田紗礼さん(14)は「めりはりがついて、リフレッシュできる」。ブラスバンド部は週2回ほど、学校周囲の約3キロを走り、呼吸法のトレーニングをしている。

 西中学では、これらの取り組みで「体育の授業を除く1週間の総運動時間が60分未満」と答えた生徒の割合が、2009年度の21・1%から12年度は11・7%にまで減った。堤教諭は「運動という言葉に抵抗感を持たせないよう、時間と空間、仲間を作ってあげられるかが大切だ」。

===============================
全国体力調査で中学女子の運動ランクが44位と運動嫌いの長野県

疲れるからとか文化部所属だからとの理由とのことだが、要は工夫。

子どもの実態を観察してユニークで発展的なものならば、検討の価値あり。

「スポーツの汗」はあなたの一生続く健康の源になりますよ。

 ガンバレ中学運動部活動。啄木鳥

b0142728_164639.jpg






人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2013-05-08 16:10 | 各種話題
<< 34北信越国体 春風寒し山吹情話 >>