冬季競技ヒアリング

今週は冬季競技団体のヒアリングです。

スキー競技は2月秋田鹿角の68国体で優勝者0の成績

中でもアルペンは野沢国体以来最低点。24名中7名が途中棄権という結果。
b0142728_9575595.jpg

「アルペン長野」復活に向けて大いに議論しました。
b0142728_9585490.jpg


スケートは男女とも2位の成績
b0142728_101335.jpg

昨年は女子が優勝であり、さらなる底上げが大切

今年はスケート靴の破損が多く、あらたな対策が必要。ショートトラックのジュニアは順調に育ちつつあるとのこと。
b0142728_1033962.jpg


アイスホッケーは少年が5位入賞
b0142728_1043053.jpg

しかし、成年は力を出し切れていない現実を今後どうするか。議論を深めました。
b0142728_1053074.jpg



冬季競技が勢いをつけないと、本県のスポーツ振興はもとより、

観光にも明るい陽射しが入ってきません。

と考えるのは啄木鳥だけではないでしょう。

がんばれ長野ウィンタースポーツ!!
b0142728_1085271.jpg






人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2013-04-18 10:09 | 会議
<< 第15回長野マラソン Japanカヌー >>