謹賀新年

b0142728_1429588.jpg


          今年もよろしくお願いします。

お正月の風物詩となった箱根駅伝。本県からも何人もの選手が出場し、それぞれ一喜一憂の感あり。

ところで、30年ぶりに総合優勝した日体大チーム。心をつなぐ駅伝精神はさわやかでした。

b0142728_14573661.jpg


サンスポ紙面から
スポーツ指導者を多数輩出‥日体大の学生は、将来スポーツの指導者、つまり教員の希望者がほとんど。とくに高校スポーツ界で力を発揮しており、今冬の全国大会出場校の中で、駅伝では男子10校、女子15校、サッカーで9校、ラグビーで18校、バレーボールでは男子16校、女子23校(総監督3人を含む)で日体大出身者が監督を務めている。


そこで、OBの長野東高校監督の玉城先生につながるドラマを紹介。

玉城先生は60回大会(1984年)日体大2位の時のアンカーです。前年、59回は優勝ですので大変なプレッシャーでしたでしょう。その干支一回り前、48回大会(1972年)にそのランナーは走っていました。
名前は町野英二

彼が昨年まで指揮をとっていたのが、写真右登り旗の伊賀白鳳高校(以前は上野工業高校)昨年の高校駅伝で3位入賞に輝いた公立高校です。常にこの位置にテントを張り、玉城先生たちと全国情報を共有している駅伝メンバーなのです。
b0142728_144516100.jpg

b0142728_14462038.jpg


ところが昨年、六月、病のため帰らぬ人となってしまいました。部員たちは勿論、駅伝関係者も大変悲しい思いでした。三月に行われる伊那の高校駅伝にもよく参加していました。

そして、このブックマークを作成しました。
b0142728_14495182.jpg


大会当日、激戦を粘り抜き、見事、町野監督の遺訓を胸に選手は3位入賞を果たしました。
そこには、こう書いてあります。
b0142728_1451935.jpg


玉城先生からつながる駅伝のドラマ。  心の絆を伝えています。

昨日の箱根駅伝のように!!スポーツの力で元気な信州を創りましょう。啄木鳥

今年もよろしくお願いします
b0142728_14573661.jpg






人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2013-01-04 15:11 | 各種話題
<< 県中学スケート 仕事納め >>