スケートワールドカップ長野大会

12/8・9の二日間 エムウェーブで久々のW杯長野大会が開催されました。

スポーツ会館の近くのホテルに宿泊した選手たちが街中をランニングする姿に、オリンピック当時を思い出し、思わず笑顔で「ハーイ!!」と声をかけてしまいました。

激走
b0142728_13115282.jpg


観客数は1日目が約1800人、2日目が2000人を超えていたと関係者は語っていました。
さらに多くの皆さんの観戦を期待します。
b0142728_13132277.jpg


男子の長島選手が2日目の500mで優勝、女子の小平選手も500m連続表彰台という成績でしたが、ソチ五輪まで、まだまだたくさんの課題を克服しなければとインタビューに答えていました。
b0142728_13172223.jpg


500mのスタートやコーナーワークは私たちがまばたきする0.3秒間のパワーの配分で、1/1000秒の勝負が決まるそうです。
b0142728_1322218.jpg

b0142728_13223932.jpg

これを持続した強化に結び付け、パフォーマンスを発揮させるコーチ陣の努力は大変なものですね。コーチの皆さんに感謝です。   啄木鳥

b0142728_13232240.jpg






人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2012-12-10 13:25 | 各種大会
<< 児玉副会長叙勲祝賀会 ロンドン五輪から学ぶ② >>