「ほっ」と。キャンペーン

オリンピックまであとわずか

ロンドンオリンピックまで1カ月を切り、選手のコンディショニングの情報が入ってきましたので転載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎あと1カ月、調整に熱 国内外で追い込み
(共同;JST:1206271703)

 ロンドン五輪開幕まで27日であと1カ月となり、代表選手の調整も熱を帯びてきた。東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)では金メダル有力の内村航平(コナミ)を擁する体操男子や柔道男子が合宿中。複数の金メダルが期待される柔道女子も28日から北海道の釧路町で合宿を行い、本番へ向けた追い込みに入る。
 海外では重友梨佐(天満屋)ら女子マラソン代表の3選手が標高約2100メートルの米アリゾナ州フラッグスタッフで合同練習をしており、チームとして一体感を高めている。陸上の女子400メートルリレーで48年ぶりの五輪出場を目指す福島千里(北海道ハイテクAC)らは、ケアンズ(オーストラリア)で開催中のオセアニア選手権で五輪出場権確保のため記録に挑む。
 開幕直前は時差調整も兼ねて欧州で最終調整を行う競技が多く、競泳の一部選
手は合宿のため早くも7月1日にロンドン入りする。

◎低地での事前合宿の影響を懸念=ケニア
―"Kenyan athletes mull pre-Olympic camp", AFP-Jiji, The Daily Yomiuri,
28 June 2012

 ケニアの選手は、ロンドンオリンピックの事前にイギリス西部、ブリストルで行う予定の、3週間に渡る低地合宿への参加について慎重に検討している。
 昨年11月にケニアオリンピック委員会によって選ばた事前合宿地のブリストルでは、7月3日より合宿が始まる予定であるが、陸上競技、中・長距離のトップ選手の多くは、トレーニング地の高度を下げることが、オリンピックにおけるパフォーマンスに、負の影響を与えるのではないかとの懸念を表している。

◎雨天用の靴を4種類 室伏、五輪へ対策万全
(共同;JST:1206272016)

 陸上男子ハンマー投げの室伏広治が所属するミズノは27日、東京都内でロンドン五輪の本番で使用するシューズを発表し、雨の多い気候を想定して雨天用を初めて開発した。今回は晴天用の4種類に加え、雨でぬれて滑りやすくなるサークルに対応する雨天用も4種類そろえて万全を期す。
 同社によると、雨天用は昨年、室伏本人から強い要望を受け、靴底に新開発のゴム素材を使用して11種類を試作した。
 現在、米国で調整中の室伏は7月16日にもロンドンの選手村に入り、靴のテストを兼ねて最終調整に取り組む。「雨対策の取り組みはバイクのレースからヒントを得てその必要性を感じた」とのコメントを寄せた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロンドンに行きたしと思えども‥‥啄木鳥  
と書きながら、萩原 朔太郎の純情小曲集の「旅上」を思い出しました。

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背広をきて
きままなる旅にいでてみん
汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2012-06-29 09:16 | 各種話題
<< マルチサポート フィジカルトレーニング >>