「ほっ」と。キャンペーン

フェアプレイで日本を元気に

 「フェアプレイで日本を元気に」キャンペーンを日体協が行っています。
 具体的な実践として、「あくしゅ、あいさつ、ありがとう」を広げましょう。
 今日はその一文を紹介します。

スポーツは、なぜ楽しいのか。
スポーツは、なぜ気持ちいいのか。
スポーツは、なぜ夢中にさせるのか。
スポーツは、なぜ感動を呼ぶのか。

ただ勝利することだけが成功であり、喜びであるなら、
人々は、これほどまでにスポーツを必要とはしないはず。
強くなること、うまくなることだけが、目的であるなら、
人々は、これほどまでにスポーツに打ち込んだりしないはず。

スポーツは一人ではできない。
いっしょに切磋琢磨する仲間がいる。
同じ目標に向かってしのぎを削り合う対戦相手がいる。
そして、審判や応援してくれる人達、
さらには環境を整えてくれる人達も欠かせない存在だ。

スポーツをする。試合をする。
そこには、自分自身の努力がある。
チームメイトと築いた信頼がある。
対戦相手への敬意がある。
支えてくれる人達への感謝がある。

これらは人格をつくることにおいて、なくてはならないとても大切なものだ。
そして、これらこそが、フェアプレイの真ん中にあるものだと、私たちは考える。
スポーツが楽しく、感動を呼び、気持ちよく、夢中にさせるのも、 
このフェアプレイの気持ちがあるからこそだ。

私たちは、
すべてのスポーツにおいてフェアプレイを浸透させ、
実践させる活動に力を注いでまいります。
フェアプレイは、子供や若者を成長させます。 
彼らのまわりの人、彼らの住む地域を活気づけます。
そして、きっと、日本を元気にする力になれると信じています。


スポーツマンの震災復興への協力支援は、まさにフェアプレイの行動・精神ですね。
  啄木鳥

 


人気ブログランキングへ ←クリックお願いします

長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2011-08-17 16:01 | 各種話題
<< 北信越ホッケー・ラグビー・サッ... 長野県スポーツ少年団競技別交流... >>