東日本大震災と国体

 
 この度、公益財団法人日本体育協会から、今年の山口国体開催に関して「都道府県予選会及びブロック大会の実施方法等について」及び「参加資格の特例措置」についての連絡がありました。

以下、その主な概要

「都道府県予選会及びブロック大会の実施方法等について」
◎都道府県代表の決定について、大会の実施が不可能な場合でも選考、抽選等、公正公平な方法によって代表選手を決定できる。

◎ブロック大会の実施が不可能な場合でも選考、抽選等、公正公平な方法で本大会出場都道府県を決定できる。

◎ブロック大会参加県数が本大会参加県数に満たない場合はブロック大会を実施せずに当該ブロックの代表として決定できる。

◎当該ブロック大会開催県に参加申込書が受理され、参加者として確定した時点で、当該競技の参加得点を与える。等

「参加資格の特例措置について」
◎特例の対象→青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県

◎特例の内容
 特例対象県を所属とする場合→「居住地を示す現住所」「学校所在地」「勤務地」の要件を一定の条件の中で緩和し、他県へ避難した競技者が特例対象県から出場できる。

 避難先を所属とする場合→特例対象県から避難したとき、一定の条件の中で移動先の都道府県から参加できる。

以上が主な内容ですが、細部等については国体委員会において検討を行うものとしています。

 長野県は北信越ブロック大会の開催県ですが、東北ブロックは宮城県、関東ブロックは茨城県開催ですので、競技によっては代替えの開催も難しく、開催・参加が困難状況にあると思われます。

 たとえば、今年の茨城県開催の全国高等専門学校陸上競技大会は、震災の影響で実施困難となり、長野市で8月末に代替え開催することになりました。各競技団体も最大限の協力体制でこの災害に立ち向かっています。

 国体は47都道府県が一堂に会し、歓喜あふれるユニフォームで青春を競うことに意義があります。スポーツの力が「がんばろう日本」の明るい糧になればと思います。啄木鳥


長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2011-05-06 16:30 | 国体関連
<< Swan中学校訪問 昨日のSWAN >>