プロジェクトの評価

タレント発掘・育成事業評価分析会議が
国立スポーツ科学センター(東京都北区)で開催されました。

JISSと連携してタレント発掘・育成事業を実施している都道府県が対象
本県は、先週金曜日に実施

評価分析項目は、
 コンセプト:理念、目的、目標など
 識別:プログラム(仕組・方法)、スタッフなど
 育成:プログラム、スタッフ、拠点/施設など
 パスウェイ:中央競技団体/都道府県競技団体、大会、育成チームなど
 マネジメント:財源、スタッフ、情報、ネットワーク、拠点/施設、制作/戦略など
 現時点での成果:プログラム上の成果、波及的な効果など
 ロールモデル:独自性や意義など

自己評価プレゼンテーションと評価分析ミーティングの後
4段階の評価ランクで総合評価

 Superior 世界基準に一致、明確な成果、ロールモデルを多く有する
 Good 世界基準に準じている、一定の成果、ロールモデルを有する
 Improvement 世界基準に準じているが、改善が必要である
 NotGood 大幅な改善が必要、成果が期待できない、ロールモデルを有さない

となっています。

SWANプロジェクトの昨年度の評価は「 I 」でした。
今回は「 G 」評価になったとのこと
スタッフの皆さんお疲れ様でした。


今週水曜日は久しぶりのSWANプログラム
メンバーたちが集まります。



極楽鳥


長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2011-02-21 08:56 | SWAN Project
<< 両角監督 冬季国体雑感 >>