冬季国体雑感

冬季国体から

◇フィギュアスケート
少年男子フリースケーティング後
 成績発表までの間、各出場選手の順位から
 各県2人の選手の順位を足し算して
 各県順位を試算中
  本県含めて8位が2県という結果に
 すかさず中村選手が、
  相手の県より自分が上位なので単独8位になると指摘
 その通りでした。得点計算ルールを忘れていました。

成年女子フィギュアは鈴木明子選手と村主章枝選手が出場
 フリースケーティングでは会場が満席
 しかし、最終グループの1番鈴木選手の滑走後、帰る観客が
 さらに、4番村主選手滑走後帰る観客がゾロゾロ
 最終グループ最終滑走の本県那須野選手の時は
  観客数がピークの3分の2以下くらい
 皆さん有名選手を見たかったんですね

フィギュアスケートは
 国体では、各県2人の選手をそろえないと参加不可
 本県は今回、残念ながら少年女子での参加ができませんでした
 ひとり優秀な選手がいてももうひとりを確保しないと

◇クロスカントリー
 花輪スキー場クロスカントリーコース
 クラシカルでは、5㎞で1周でしたが
 コンバインド・クロスカントリーとリレーでは
 短縮した2.5㎞のコースとして各選手4周
 同じ選手がそれほど長時間待たなくても再度来て
 観客・応援団が大満足
 また、上り坂でも観客スペースがあり人気がありました。
 見せる工夫も大切

◇スピードスケート
 エムウェーブでの競技を見慣れている本県では
 八戸市長根リンクのような屋外リンクにはビックリ
 風の影響を受けるし、雪も積もる
 風下にいると強風で帽子が飛ばされそうだし寒さが身にしみる
 ゴール前の観客席が良い席

開始式、八戸市長挨拶の中で
 この長根リンクも老朽化してやっと使っている
 たった180億で屋内リンクができる
 と 青森県知事に壇上から陳情
後で、屋内リンクは設計からだと結構高いとの話を聞きました

◇ジャンプ
前回もいた応援団 2人であったかと思われます
出場全選手を太鼓と笛と大声で激励
どこにでも応援に行くとのことでした


極楽鳥



長野県HPランキング ←クリックお願いします
[PR]
by fight-nagano | 2011-02-18 21:00 | 国体関連
<< プロジェクトの評価 国体開催 >>