フィギュアスケート

66回八戸国体で少年男子が団体で2年連続入賞

中村智(長野東高)選手は、
 広徳中1年.2年.3年で全中入賞
小平渓介(塩尻志学館高)選手は、
 塩尻広陵中2年で全中入賞

65回釧路国体では、
 中村智選手と野口博一(諏訪清陵高)選手で6位入賞

先日閉幕した全中スケート大会
平成16年度から20年度にかけて
 先ほどの野口、中村、小平選手と
 66回八戸国体に成年で出場した中村祐輔(当時広徳中)選手が入賞しています。

国体フィギュアは6級以上が条件
今回出場の選手は、中1の段階で既に7級を取得とのこと

ここ2年ほど、全中の入賞がない状況
今後のフィギュア少年の部は厳しい?

また、国体は選手2人出場が条件
成年、少年ともに選手が2人揃わないと出場できません。


成年女子で6位入賞の那須野光選手
 やはり同様に、岡谷南部中2年で全中入賞しています。
国体成年女子では、
 33回(昭和53年)やまびこ国体8位の二村恵美子選手以来
 33年ぶりの入賞となります
 (以前、女子初入賞と思っていましたが、調査の結果以上のとおり)

那須野選手は、県フィギュア選手権で
 田中小、岡谷南部中で優勝しています
この時の2位が今回国体出場の佐々木優衣選手
この時の3位が今回国体少年の部の久野彩監督でした。


青森の地元新聞にも掲載されていましたが、
国体フィギュア選手の確保は、どこの県も厳しい状況



極楽鳥



長野県HPランキング ←クリックお願いします。
[PR]
by fight-nagano | 2011-02-02 13:25 | 国体関連
<< マラソンイベント 全国中学校スケート大会 >>