JOC地域タレント研修会

平成23年1月14日(金)~16日(日)
味の素ナショナルトレーニングセンターにおいて
全国でタレント発掘を行っている1道7県から
 小4から中2までの55名が参加
本県からは6名が参加
b0142728_1442476.jpg


金曜日は、21時40分頃にJOCに到着
土曜日は、朝7時から開会式
b0142728_14422461.jpg


 その後
 ◇田中茂氏(JOC専任コーチ)の指導による朝練

 ◇久留米 毅氏(JOC委員)の講演
   オリンピックを通して
  (1) 一番を目指すことが重要
  (2) 友愛、尊敬等戦った選手との関係、考える力が必要

 ◇施設見学等(JISS) スポーツ医科学体験及びトレーニング見学

 ◇チャレンジプログラム
  全部で16種類の体力測定
   各自の体力・運動能力はどの程度なのかを知る
   ◎反復横とび ◎立ち幅とび ◎上体起こし ◎30m走 
   ◎メディシン ◎シャトルラン
   ◎ステッピングテスト ◎足裏3点支持バランス ◎最高到達点
   ◎ハイジャンプステップ ◎タッチゲーム ◎15mホッピング
   ◎バランステスト ◎ステップワークテスト ◎バー拳上テスト 
   ◎長座ハンドボールスロー 

 ◇交流パーティー
   バイキング形式で食事をとりながら、
   テーブルに着いた他県のメンバーとの懇談
   SWANプログラムについてメンバーが説明

 ◇ゲストアスリートを交えての懇談会
  ゲストアスリート
  ○佐藤寿治(体操:ソウル団体銅メダル、バルセロナ、アトランタ出場)
  ○大日方邦子(アルペン:長野パラリンピック金メダル等)
  ○逸見佳代(エアリアル:ソルトレイク、トリノ出場)
  ○竹内洋輔(フィギア:ソルトレーク出場)
  ○水鳥寿思(体操:アテネ団体金メダル)
  ○齋藤里香(ウエイトリフティング:北京8位)
  ○木村紗野・木村真野(シンクロ:2009世界選手権出場)

日曜日は、
 ◇トレーニング 朝6:30から開始

 ◇トレーニングプログラム
  基本トレーニングとして、小林敬和(JOCコーチ:上田市出身)の指導
  ◎メディシンボール投げ、◎ハードル等
b0142728_1442406.jpg


 ◇ランチセッション
   大日方邦子(長野パラリンピック金メダル等)さんの講演
  ○コミュニケーションの重要性(積極的に外国の選手と話をする)
  ○絶対に勝つという強い意志が必要
  ○人の話を聞き取る、話を引き出す能力も必要
  ○過去にあまり固執せず、今後できることはなにか考えることが重要

 ◇コントロールテスト表彰式・閉会式
   チャレンジプログラムの内、
   6種目をJOCコントロールテストとして順位を付け、
   参加者全員に成績表を配布した

  シャトルラン(男子)で本県のメンバー(小6)が見事1位に

【スタッフ感想】
 合同トレーニングを通じて、基本トレーニングの重要性を認識
 (筋力・スピード・動き・バランス等)

 基本的な体力やバランス能力、巧みな動き等が、かなり必要

 講師の指示通りできるかの「観察力」が必要



極楽鳥


長野県HPランキング ←クリックお願いします。
[PR]
by fight-nagano | 2011-01-20 14:36 | SWAN Project
<< スケートインターハイ 理事会開催 >>