吉井小百合選手講演

SWANプロジェクト開講式記念講演
スピードスケートの吉井小百合さんでした。
b0142728_15283956.jpg


*** 講演内容から抜粋 ***

小学校の時表彰台にも立てなかった自分が、
 なぜオリンピックの舞台に立てることができたのか
  一つのきっかけは、スケート靴が変わったこと
  それと、長野オリンピックを肌で感じることができたこと

高校生の時は男子と一緒の練習
 常に自分がやりたいこと、
 トレーニングで頑張ること、
 目標に向かって夢のために練習すること
を学んだのが高校生の時
オリンピックが目標に変わった瞬間

実業団に入り夢の実現に向かう努力をし、
 出会った仲間たちは、
 楽しみ・苦しみを分かち合える同志

夢は誰もが持っている。
夢や目標を持った同じ志のある仲間どうしが集まることで
 一人ひとりの能力、力がより大きくなる

一つの練習に対して、目標を持つ
自分が辛いと思っている練習でも、
 よく考えてると自分の目標・夢に対しての辛さ
強い気持ちがあれば、
 苦しい気持ち、辛い気持よりもそのあとに残る満足感に変わる
そして、苦しい練習を積んだおかげで、
 夢やそこに向かう舞台に立つことができる。

オリンピックのメダルが目標ではあるが
 ゴールではないということを忘れないでほしい



極楽鳥

長野県HPランキング ←こちらもお願いします。
[PR]
by fight-nagano | 2010-12-27 15:29 | SWAN Project
<< 全日本ボブスレー・スケルトン選... まさか、まさかの敗退 >>