日本経済新聞の記事

日本経済新聞の
SPORTS FRONTIERに国体関連の記事

「地元選手」に偽り?揺れる国体 参加資格に疑惑
不毛な開催地V 歯止めを
という見出しで

国体開催都道府県の天皇杯獲得が毎年”慣例”として続く中で
山口大会を開く山口県の一部選手の参加資格に疑惑が発覚 と紹介

大会開催に伴う経費が大きな財政負担となるにもかかわらず
 開催県は天皇杯獲得にメンツとプライドをかけて
 無理な強化を展開する。
不毛な競争に、いいかげんに歯止めをかける時期が来ている。 とも

1964年新潟国体から今年の千葉大会までの47年間
夏、秋の本大会開催地以外が総合優勝したのは
 2002年の高知国体だけ

国体も新たな意識を持って生まれ変わることが求められている。
と結んでいます。

詳細は、新聞で・・・


極楽鳥
[PR]
by fight-nagano | 2010-11-30 11:51 | 国体関連
<< フィジカルトレーニング 競技団体ヒアリング >>