「ほっ」と。キャンペーン

JISSニュースから

タレント発掘関連ニュース
JISSニュースから抜粋

◇中学生アスリート発掘
  目指せトップ!新競技に挑戦

東京都で中学生の発掘育成事業を開始
将来のトップアスリートを養成するため、
 基礎体力に恵まれる子どもたちを
 新しい競技に挑戦させようという
 全国でも珍しい取り組み

今春、東京都ジュニアアスリート第1期生として中学3年生24人を認定
全中学校を通じて募集、書類審査と2回にわたる体力テストの通過者

都が打ち出したスポーツエリート養成法の特徴
 彼らを「高校から始めてもトップを目指せる7競技」に振り分ける
月2回のペースで
 ボート、ボクシング、レスリング、重量挙げ、自転車、カヌー、アーチェリーを体験
 7月には泊り込みの自転車合宿

都と手を組んでトップ選手の養成を目指す東京都体育協会では
「各競技団体に協力してもらい、
 それぞれの競技の基礎的技術を身につけて、
 高校に入ってから本格的にできるように基礎づくりをする」としている。

中学生たちがこのプロジェクトに応募してきた理由
・未知の競技への挑戦
・それまでの競技での伸び悩み
・オリンピックや国体にかかわれる競技にも挑戦したい

練習以外の選手養成として
 毎月2回、スポーツに関する講習
・自分の目的を自覚させる
・栄養学
・コミュニケーション
・ストレス対策など
をそれぞれの専門家から学ぶ

7競技すべての体験を終え、挑戦する競技を決める面接を実施
今後は各競技団体が本格的な指導を開始する。

都では現在、第2期生となる中学2年生を募集中
東京国体で、そして未来のオリンピックで活躍する選手が生まれるかも



極楽鳥
[PR]
by fight-nagano | 2010-08-18 08:37 | 各種話題
<< 北信越国体 ワールドリーグ2011予選長野大会 >>