ニュースいろいろ

JISSニュースから
◇国体への中3出場
 日体協国体検討小委員会で
 国体改革の一環として
 中学3年生が出場できる競技を拡大する方針を決定

 中3は1988年から一部競技・種目で参加が認められるようになっていた
 今後は、まず来年の第66回大会(山口県)でライフル射撃と空手を対象に準備を進める。
 2012年の第67回冬季大会(岐阜、愛知両県)では、スケートのスピードとショートトラックで拡大を検討

◇タレント発掘 香川県
~スーパー讃岐っ子育成事業~ に424人が応募
 香川県教委は、この事業の2期生の応募者が、男女計424人と発表
 初実施の昨年から86人減少。
 今回は新体力テストの総合評価(AからEの5段階)が「AまたはB評価の児童」という条件を新設
 
 県保健体育課によると、
 昨年は510人うち、新体力テストの総合評価がAかBの児童は397人(77・8%)で、
 最終選考された34人はいずれもA評価。

 2期生は6月7から21日に募集し、115校から男子247人、女子177人が応募。
 既に書類審査で105人に絞り込んでおり、このうちAは104人、Bは1人となっている。
 7月31日に高松市香川総合体育館で実技テスト
 8月9日に選考会を開いて30人程度を選抜する予定
 この事業は、運動能力の高い小学4年生を毎年募集。
  30人程度を選抜し、独自プログラムを策定して
  オリンピックなどで活躍できる一流選手の養成を目指している

◇タレント発掘 山形県
~YAMAGATAドリームキッズ~ 2期生募集開始
◆1次選考
 学校の新体力テスト、
 もしくは8月29日から9月5日に県内4地区で行う測定会での結果で書類選考
◆2次選考(11月)
 実技などを見る
◆3次選考(来年2月)
 30人程度の「ドリームキッズ」を認定する。
 選考会の参加は無料。
 申し込み締め切りは、測定会参加は8月13日、学校の記録での参加は8月25日。

この事業は、対象を県内の小学3、4年生として、
 中学3年までの間に、さまざまなプログラムを提供し、才能を伸ばす手助けをする。
 日本オリンピック委員会や国立スポーツ科学センターなどと連携
 特定の種目を定めない
 春休みや夏休み、週末などに合宿をし、
  基礎運動能力のトレーニングをしたり、
  さまざまな競技に挑戦して自分に適した種目を見つける手助けをしたりする。
 各種目の国内トップ選手を招いた体験会や交流なども計画されている。


SWANプロジェクトも2期生募集開始
早速、申込書が届いています。


極楽鳥
[PR]
by fight-nagano | 2010-07-29 11:05 | 国体関連
<< 選考部会 基金・募金 >>