公認スポーツ指導者制度

日体協公認スポーツ指導者
 ~指導者制度と登録規程から抜粋しました。~

◇種類と養成
1 スポーツリーダー  日体協又は日体協加盟団体
2 競技別指導者  日体協と日体協加盟競技団体の共催
 (1)指導員
 (2)上級指導員
 (3)コーチ
 (4)上級コーチ
 (5)教師
 (6)上級教師
3 スポーツドクター  日体協
4 アスレティックトレーナー  日体協
5 スポーツ栄養士  日体協と(社)日本栄養士会の共催
6 フィットネストレーナー  日体協
7 スポーツプラグラマー
8 ジュニアスポーツ指導員  日体協
9 マネジメント指導者  日体協又は日体協加盟団体
 (1)アシスタントマネージャー
 (2)クラブマネージャー

◇公認指導者登録
1 個人単位で登録(以下のいずれかひとつを満たす者)
 (1) 養成講習会修了者
 (2) 日体協承認の適応コース及び講習会を終了し、所定の検定試験合格者
 (3) マスターに認定された者
2 有効期限
 登録有効期限は4年間
 4年ごとに更新する。
 資格有効期限が切れる6か月前までに
   日体協又は中央競技団体の定める研修を受講しなければならない。

詳しくは、 日体協ホームページ スポーツ指導者(資格情報)

平成27年(2015年)の第70回国体から
全ての競技の監督は、公認指導者資格が必要になります。


極楽鳥 
  
[PR]
by fight-nagano | 2010-06-25 10:58 | 国体関連
<< 寄付行為の一部改正 第32回北信越国体実行準備委員会 >>