会議がふたつ

昨日午前中
冬季競技ジュニア競技者育成・強化事業に関する意見交換会
県教委スポーツ課
県体協
冬季競技団体として、
スケート、アイスホッケー、スキー、カーリング、ボブスレー・リュージュ
のそれぞれの連盟から出席

オリンピックムーブメント推進事業の終了に伴う対応として
県教委の新たな事業展開についての説明
各競技団体の具体的な取り組みと情報交換
でした

午後
事業計画、予算案の審議のための総務専門委員会
議題は
(1) 第65回国民体育大会冬季大会の総合成績について
(2) 平成21年度スポーツ振興功績者表彰対象者の追加について
(3) 公益法人制度改革検討部会報告について
(4) 最初の評議員の選任方法について
(5) スポーツ関係表彰について
(6) 平成22年度事業計画(案)について
(7) 平成22年度予算(案)について
(8) 公益財団法人への移行について
(9) 分担金の見直しについて

特に、3と9でご意見をいただきました
24日には、理事会、功績者表彰、評議員会
オリンピアンも表彰に来てくれるかどうか
とにかく一番忙しい日が控えています。

会議後、ボブスレー・リュージュ連盟で
バンクーバー日本選手団リュージュ監督百瀬さんが来訪
残念な事故の状況、トラブルの状況など詳しくお聞きできました。


極楽鳥
[PR]
by fight-nagano | 2010-03-11 15:43 | 会議
<< SWANプログラム イギリスの事情 >>