全国中学校体育大会

全国中学校体育大会、略して「全中」
21年度のスケート大会、アイスホッケー大会、スキー大会が終了
学校対抗を除いた本県選手の入賞は21で、
内訳が
 スケート 7
 スキー 13
 アイスホッケー 1

夏季の種目を加えた入賞数は29
昨年度よりマイナス8
全中での入賞数が多かった平成13年度の53と比較すると
ほぼ半減

冬季競技の平成13年度入賞数は43
 本年度は21なので半数以下

冬季競技入賞数の中では
 スケートが、平成13年度18に対して、本年度7
   3分の1強
 スキーが、平成13年度24に対して、本年度13
   2分の1強
という減少傾向。

インターハイ冬季競技入賞数では
 スケートが、平成13年度22に対して、本年度16
 スキーが、平成13年度19に対して、本年度15
低下傾向が続いています。

将来、国体入賞につながる選手達が少なくなり厳しい状況
少子化の影響もあり
スポーツ関連の部活参加者も減少していると聞いています
経済情勢が厳しい昨今、
強化普及はどうすれば良いのでしょうか。

以上、独自集計から


極楽鳥
[PR]
by fight-nagano | 2010-02-12 12:02 | 各種大会
<< 次期冬季国体 装備不良 >>