責任先頭制

スピードスケート競技には
ダブルトラックレースとシングルトラックレースがあります。
ダブルトラックレースは、オリンピックでの競技方法

シングルトラックレースは国体で採用されている競技方法
数名の競技者が単一滑走路で同時にスタートするもの
タイムレース式のものと予選決勝式のものがあり、
国体スケート競技会は後者・予選決勝方式を採用しています。

予選決勝方式は、
参加者によって各組から規定された着順までの予選通過者を準決勝へ
準決勝通過者によって決勝レースを行い順位を決定します。

責任先頭制
シングルトラックレースは先頭滑走者が不利になります。
先頭で滑走するのと後から続いて滑走するのとでは疲労度が違います。
いずれの競技者も長距離レースの途中では先頭滑走を敬遠し
スピードが落ちて記録が低下しやすくなります。
→ 国体ではスピード低下防止のため責任先頭制というルールがあります。

トラックのホームストレートとバックストレートの中央に白線を引き
この線上を通過するときに規定の回数以上、先頭で通過しなさいというルール
従って、先頭回数が規定回数に満たない場合、
たとえ1着でゴールしても、たとえば3人の責任先頭完了者がいたとすれば
4着になるというもの。

500mには責任先頭制なく、
1000mが1回、1500mが1回、3000mが2回、5000mが4回、10000mが8回
ただし、1000mを除きスタート直後の箇所を除外するというもの。

例外として、少年男子10000mでは
責任先頭回数取得完了した者を優先して到着順に順位を決定し、
次に回数未完了者の中で取得回数の多い準にランクづけし、
同数の場合は、到着順で決定、さらに未取得者が到着順にこれに続く。

国体では、様々な色の帽子をかぶった選手がスタートします。
応援する選手は帽子の色で分かります。
八戸国体では、帽子の色と責任先頭何回目という会場アナウンスがありました。
駆け引きがあり、結構おもしろいレースです。

なお、責任先頭未完了者は入賞しても記録「なし」となるそうです。

65回スケート国体は釧路


極楽鳥
[PR]
by fight-nagano | 2009-11-09 12:29 | 国体の基礎知識
<< くしろサッポロ氷雪国体 第58回長野県縦断駅伝競走 >>