本大会出場枠決定戦

北信越国体が終わり、いよいよ本大会ですが、
ホッケー競技とラグビーフットボール競技は、
本大会に出場するために、もう一つの戦いが待っています。

北信越国体の勝者が東海ブロックの勝者との決定戦で勝ち抜かないと本大会へは出場できません。

ホッケー競技成年男子の北信越代表・富山は愛知と決定戦
1-1同点延長戦の末、PSで4-5となり、本大会へは愛知が
 このPSは、えっ!そんなに近くからやるの?という結構迫力あるものです
ホッケー成年女子の北信越代表・富山は岐阜と決定戦
0-10となり、本大会へは岐阜が

ラグビーフットボール競技成年男子の北信越代表の長野は愛知と
前半0-17
後半5-33
計5-50となり、本大会へは愛知が

東海代表は強い!

ところで、ラグビーをもっと普及させようとタグラグビーが考案されています。
ルールを単純化して、ラグビーで危険度の高いタックルを、『タグ(腰につける2本のヒモ)』に置き換えるというもの。県内でも小学生から取り組みを始めているとのこと。
競技人口を増加させるための努力が続けられています。

NPO法人長野市長野市ラグビーフットボール協会では、
9月6日(日)午前9時~長野市南長野運動公園球技場で
第1回長野市ラグビーフェスティバルを開催とのこと
詳細は こちらの9/2の記事
 宮本さんがんばってね

極楽鳥
[PR]
by fight-nagano | 2009-09-03 06:38 | 国体の基礎知識
<< 国民体育大会功労者表彰 SWAN Project1期生... >>