水球

水球競技はイギリスで発祥したスポーツ
当初は馬を模したボートに乗ってボールを追ったことから
ウォーター・ポロ(Water Polo)と呼ばれ
ゴールキーパーを含めた7人の競技者
幅3m、高さ90cmのゴールにシュートし合ってゲームを進める

フィールドの大きさは、縦30m横20m水深2m以上
競技時間は、正味8分を4回(ピリオドorクォーター)、この間に2分、5分、2分の休憩
交替選手は6人まで可、交代は得点後かピリオド間

手でボールを投げてパス、シュートするほか頭や足でボールを扱うことも可
ボールを持っていない相手の自由な行動を妨げることは反則
禁止行為
 ボールを両手で扱う
 タックルされたときにボールを水中に沈める
 拳でボールを打つ

ゴールキーパーは
 自陣から5m以内であれば
  両手可
  拳でシュート阻止可
  ハーフラインを超えなければシュート可

水球の審判は
 ほぼ対角線上に2人
 ファールがあるとレフェリーが笛を吹いてプレーを止め
 相手にフリースローを与えてプレーの再開

水上のサッカーかハンドボール
水上・水中という体の自由が利きにくい状況の中で
泳ぐ、スタート、ストップ、ジャンプ
また、球技としての頭脳的なプレーも要求されるスポーツ



極楽鳥
[PR]
by fight-nagano | 2009-08-04 12:47 | 国体の基礎知識
<< 信州大学教育学部の学生 北信越国体水球大会 >>