第19回ミズノスポーツメントール賞

第19回「ミズノスポーツメントール賞」が2009年3月4日に発表されました。

(財)ミズノスポーツ振興会及び(財)ミズノ国際スポーツ交流財団が
平成2年度(1990年度)から始めた賞です。
この賞は、我が国の競技スポーツ及び地域スポーツにおいて
選手の強化・育成、並びに地域スポーツの普及・振興に貢献した指導者を顕彰するとともに、
優秀な指導者の育成を目的としています。今年で19回目となります。
(財)日本体育協会、(財)日本オリンピック委員会が共催しています。

今回、長野県体育協会 上級指導員(カーリング)の長岡はと美さんが受賞されました。
おめでとうございます。

***(財)ミズノスポーツ振興会・(財)ミズノ国際スポーツ交流財団の発表資料***
長岡さんは、カーリング競技の普及と競技力向上に積極的に取り組み、
御代田町の有志とともに手作りのカーリングホールを開設する際にも中心的役割を果たしてきました。

長岡さんは、自ら競技者として日本選手権等にも多数出場し、
シニア(50歳以上)の世界選手権において準優勝しています。
また、後進の指導にも熱心で、普及のため各種教室の講師も務めているとのことです。

NPO法人スポーツコミュニティ軽井沢クラブ(SC軽井沢クラブ)の活動を通じて
ジュニアの育成に熱心に取り組み、日本ジュニア選手権大会を3回制覇しています。
長岡さんが指導する一般男子でも日本選手権を2連覇中であり、
SC軽井沢クラブの選手は日本代表としても活躍しています。

◇NPO法人スポーツコミュニティ軽井沢クラブ
定款に記載された目的:
 この法人は、軽井沢町民及びこのクラブの趣旨に賛同する者に対して、気楽に複数のスポーツを継続的に楽しめる場を提供すると共に、指導者を育成し、個々のニーズに応じた的確な指導が出来る体制を整え、スポーツ選手と交流する機会を設け、地域住民のスポーツへの生涯参加と、スポーツだけでなく文化的な面からも青少年の健全な育成を図り、スポーツの振興とコミュニティーの活性化並びに社会の公益に寄与することを目的とする。



極楽鳥
[PR]
by fight-nagano | 2009-03-05 10:31 | イベント・行事
<< 文教企業委員会 県スポーツ振興議員連盟総会 >>